2007-01-17

ラダーデザイン

IVF.jpgアウトリガーカヌーの国際連盟「International Va'a Federation」の競技ルールでは、伝統を重んじるためVa'aすなわちカヌーにはラダーをつけないこととなっています。ラダーがなくてもスキルや経験があればカヌーを自在にコントロール可能でしょうし、そのためにトレーニングするのも競技の観点では当然と言えます。したがってDa Ikiも高い保針性を持たせたデザインとなっています。

とは言え、アウトリガーカヌーのエッセンスを楽しみたい、気軽に海で遊びたいというニーズに立ち戻ると、どうしても「操作の簡単さ」が求められます。そこで、Da Iki開発チームではオプションでフットペダル式のラダーを取り付けられるように設計しました。
 rudder-01.GIF rudder-02.GIF
このラダーは頑丈なアルミまたはステンレス製で、構造はいたってシンプル。どんなに激しく遊んでも決して壊れないことを前提に設計してあります。特にラダー本体はキックアップ式となっていて、ビーチや浅瀬に乗り上げても自動的に跳ね上がり衝撃をかわしてくれます。

posted by daiki at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | Da Iki R&D
Post Your Comment Please!
NAME: [Required]

E-mail:

Web URL:

Comment: [Required]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Track-Back
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。