2006-12-26

モールド制作

strongback.jpg成形に用いる金型を作るため、まずは3次元CADデータからNCレーザカッターを使い断面形状の型枠を制作。この枠をベースとして金型の制作に入ります。完成目途は2月上旬予定。

今回の製品化に際しては、鋳造で制作する一般的な金型ではなく、軽量かつ熱効率が良く、製作コストも抑えられるというメリットを勘案し、板金金型を採用しています。このような金型は日本の高い板金加工技術があって初めて実現できるものです。

posted by daiki at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Da Iki R&D
Post Your Comment Please!
NAME: [Required]

E-mail:

Web URL:

Comment: [Required]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

Track-Back
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。